年利10%で低リスクな分散型の新興国投資ファンドのご案内

「老後資金が不安で資産運用を始めたい!でも投資で失敗したくない!」という投資初心者には、年利10%の高利回りで低リスクな分散型の新興国投資ファンド「クラウドクレジット」が最適です。

一般的なインデックス投資や投資信託の利回りは、様々な手数料やコストを差し引くと年利3%~5%が目安になります。

一方で「クラウドクレジット」の新興国投資の利回りは手数料を差し引いた状態で年利10%ですので、通常のインデックス投資や投資信託の約3倍の利回りが得られます。

継続的に毎年10%の高利回りで資産運用を続けることで、複利効果によって、10年後には資産は2.5倍、20年後には6.5倍、30年後には17.5倍へと大幅に手元の資産を増やすことが可能です。

「クラウドクレジット」は日本有数の大手総合商社である伊藤忠商事(参照:伊藤忠商事 - Wikipedia)と提携する健全な優良ファンドであり、「詐欺的な怪しいファンドでないか?」というご心配の必要はありません。

※伊藤忠商事とクラウドクレジットの資本業務提携は日経新聞(2015年2月27日付)でも報じられています。

2015年に開始したばかりの新しいサービスでありながら、低リスクで高配当な資産運用の実績が評判を集め、累計ユーザー登録数は2018年10月時点で3万人を突破。現在もさらにユーザー数が急増中です。

「クラウドクレジット」が年利10%の高利回りを実現した理由は、「ソーシャルレンディング」という効率的かつ低コストの融資仲介型の投資方式を導入し、以下の様に急速に経済発展し続けているアフリカや南米などの新興国の融資事業を主な投資対象としているからです。

過去の新興国案件では実際の利回りが事前の期待利回りを大幅に上回り年率30%近くに達したケースも存在する一方で、元本割れ案件の割合は全体の8%程度(2018年9月時点で139件中12件)。元本割れ金額は-1%~-3%程度の少額の場合が8割を占めています。貸し倒れや20%以上の大幅な元本割れは2018年9月時点で1件も発生しておらず、投資先を分散することで全体としてローリスク・ハイリターンの運用を実現できます。

過去の運用実績を元にした投資家推定リターン分布(2017年11月時点)は以下の様になっていて、実際の運用実績において、出資者の95%以上が収支プラスの運用です。

ご存じの通り、株式投資はその市場の実体経済の上に成り立っており、投資の利回りは国の実体経済の成長度合いに比例します。そのため急速に経済発展を続ける新興国への投資を行うことで、この様にリスクを抑制した堅実な運用でありながら高利回りを得られるのです(詳しくは以下の説明をお読み下さい)。

好調だった米国市場の拡大も減速傾向で今後は高収益は期待できない

2008年から2018までの過去10年間においては、アメリカ経済は非常に好調な拡大を続け、NYダウ平均株価は年10%のペースで上昇し続けました。そのため、米国株式インデックス投資は低リスクで高利回りを得られる資産運用の王道でした。

しかし、2018年末にハイテク関連株が暴落するなど、好調だった米国市場の拡大も減速傾向となっており、今後は米国インデックス投資などではこれまでの様な高収益率は期待できない状況となっています(2019年以降の米国市場の見通しについては以下をお読み下さい)。

現在も急速な成長が続く新興国への投資で高水準かつ堅実な利回りが得られる

この様に米国市場が失速するトレンドであっても、ハイペースの経済発展を持続している新興国市場への投資によって、高水準かつ堅実な利回りを維持することは十分に可能です。

アフリカ・アジア・中南米などにおいて発展途上にある新興国は、現在もGDP換算で年5%前後のペースで経済成長を続けており、この様な急成長中の国々へ投資を行うことで、これまでの米国インデックス投資などと同様に低リスクで高利回の王道の資産運用を実現できます。

世界各国の地域を投資対象とすることでさらにリスクを分散可能

また、「クラウドクレジット」では月額1万円の小口の金額から南米・東欧・アフリカなど世界各国の融資事業に投資可能であり、投資先を分散させることで特定の国や地域で発生し得る不況や金融破綻などの経済リスクを軽減出来ます。

そのため、米国株式インデックスなど特定の国や株式市場を対象に分散投資を行う投資信託と比較して、さらに低リスクで堅実な資産運用が可能です。

クラウドクレジットは初めて投資や資産運用を始める方に最適

この様に、クラウドクレジットは「絶対に失敗したくない」「絶対に損をしたくない」という堅実派の方にオススメの金融商品となっており、特に「リスクなく初めての資産運用を始めてみたい」という投資初心者の方に最適なサービスです。

「月1万円」の少額から運用可能であり、まとまった運用資金が必要で借入・融資による資金調達を求められるハイリスクの不動産投資などとは異なり、リスク無くお手軽に国際分散投資を行い年利10%の高利回りを得ることが出来ます。

「資産運用をしてみたいけどリスクがあるのが不安」「投資に興味があるけどまとまった運用資金がない」とお悩みの方は、是非お気軽に、初心者に最適な低リスクの高利回り投資であるクラウドクレジットをご活用ください。

低リスクの国際分散投資を行う

お申込みから運用までの流れ

低リスクの国際分散投資・クラウドクレジットへのお申込みから運用までの流れです。全ての手続きを完了して運用開始するまで1~2週間が目安です。

以下のボタンから「ユーザー無料登録」画面に飛びます。

「クラウドクレジット」ユーザー無料登録

クラウドクレジットについてよくあるご質問

Q&A形式でクラウドクレジットに関するよくある質問にお答えします。気になること、不安なことはまずはこちらでご確認ください。

Q.クラウドクレジットの運用のコツはありますか?
A.確実性を高め損失のリスクを下げるために、1つの案件に資金を集中させるのではなく、リスク分散を意識し出来るだけ多くのファンドに分散して投資を行うことを推奨します。投資先を分散することでボラティリティ(ばらつきや不確実性)が抑えられ、確実にプラス利回りを得られる可能性が非常に高くなります。
Q.クラウドクレジットにもリスクは存在しますか?
A.クラウドクレジットは海外投資であるため、円やドルなどの為替変動の影響を受ける「為替リスク」が存在します。円相場が暴落した様なケースでは利益が大きくなるので問題ありませんが、逆に円が暴騰するなどの為替変動があった場合、債権回収時や送金時に利幅が減少する可能性もあります。
Q.為替リスクを回避する方法はありますか?
A.為替リスクを避けたい場合は、「為替ヘッジ付き」のファンドをお選びください。ヘッジ付きの投資案件は、追加の手数料が差し引かれるため若干利回りが低くなりますが、為替リスクを低減できます。
Q.デフォルトや貸し倒れのリスクはありますか?
A.2018年12月現在、クラウドクレジットでは完全な貸し倒れや20%以上の大幅な元本割れは1件も発生していません(過去の運用・配当実績はこちらをご覧ください)。クラウドクレジットでは融資の貸付先を小口分散することによって、ファンドの貸し倒れリスクを抑制しています。また、万が一返済不可となった際は不動産や商品などの実物資産を売却することによって貸付金を回収し、損失額の担保とします。
Q.クラウドクレジットにはどんなデメリットがありますか?
A.クラウドクレジットでは貸し倒れは1件も発生していませんが、数か月から半年程度の返済遅延は複数回発生しております(2018年10月時点で返済遅延率は2.5%)。また、個別株や投資信託などの投資では「申告分離課税」が適用される一方、ソーシャルレンディングで得られた利益は雑所得扱いで「総合課税」となるため、年収が高くなるほど税率も高くなってしまう点はクラウドクレジットのデメリットです。
Q.収益分の税金と確定申告はどうすればいいですか?
A.クラウドクレジットのファンド投資で得られた分配金は「雑所得」扱いとなるため、年間の利益が20万円以下であれば確定申告は不要です。年間の純利益が20万円を超えた場合、確定申告を行って下さい。※雑所得の確定申告については税務署もしくは「確定申告を専門とする税理士事務所(クリックで飛びます)」にご相談ください。
Q.運用期間の途中でお金を戻して利確することは出来ますか?
A.一旦運用に回した資金は中途で撤退することが出来ません。最短で7ヶ月間の短期間の運用期間で始められるファンドもございますので、長期の運用にご不安のある方は、短期運用ファンドから投資先をお選び下さい。

クラウドクレジットは初めて投資や資産運用を始める方に最適

クラウドクレジットは「絶対に失敗したくない」「絶対に損をしたくない」という堅実派の方にオススメの金融商品となっており、特に「リスクなく初めての資産運用を始めてみたい」という投資初心者の方に最適なサービスです。

「月1万円」の少額から運用可能であり、まとまった運用資金が必要で借入・融資による資金調達を求められるハイリスクの不動産投資などとは異なり、リスク無くお手軽に国際分散投資を行い年利10%の高利回りを得ることが出来ます。

「資産運用をしてみたいけどリスクがあるのが不安」「投資に興味があるけどまとまった運用資金がない」とお悩みの方は、是非お気軽に、初心者に最適な低リスクの高利回り投資であるクラウドクレジットをご活用ください。

低リスクの国際分散投資を行う

企業の口コミ情報サイト

ページのトップに戻る