「クラウドクレジット」が投資信託よりも低リスクで高利回りな理由

インデックス投資や投資信託の利回りは年利4%~6%程度が一般的です。実際の分配金はここから売買委託手数料が引かれた年利3%~5%が目安になります。

一方で低リスクの国際分散投資ファンドである「クラウドクレジット」の新興国投資の利回りは年利10%以上であり、1~2%の手数料を差し引いても通常のインデックス投資や投資信託の約3倍の利回りが可能です。

この様にクラウドクレジットが高利回りと低リスクを両立可能な理由は、「ソーシャルレンディング」という効率的かつ低コストの融資仲介型の投資方式を導入し、急速に経済発展し続けているアフリカや南米などの新興国の融資事業を主な投資対象としているからです。

急速に経済発展する新興国への投資で低リスク・高利回りを実現

以下がクラウドクレジットがソーシャルレンディング方式による融資を行っている実際の投資案件です(一部抜粋)。タンザニアやウガンダなどの新興国への投資の利回りは10%を大きく超えています。

クラウドクレジットの過去の新興国案件では、「カメルーン中小事業者支援プロジェクト」が28.3%の利回りとなるなど、実際の利回りが事前の期待利回りを大幅に上回ったケースも多く存在します。

その一方で、元本割れ案件の割合は全体の8%程度(2018年9月時点で139件中12件)。元本割れ金額は-1%~-3%程度の少額の場合が8割を占めています。貸し倒れや20%以上の大幅な元本割れは2018年9月時点で1件も発生しておらず、投資先を分散することで全体としてローリスク・ハイリターンの運用を実現できます。

過去の運用実績を元にした投資家推定リターン分布(2017年11月時点)は以下の様になっていて、出資者の95%以上が収支プラスの運用です。

拡大中の市場では堅実な投資でも年利10%以上の高利回りが可能

ご存じの通り、株式投資はその市場の実体経済の上に成り立っており、投資の利回りは国の実体経済の成長度合いに比例します。そのため急速に経済発展を続ける新興国への投資を行うことで、この様にリスクを抑制した堅実な運用でありながら高利回りを得られるのです。

以下は1980年から2017年までの日本の名目GDPの推移です。1990年代半ば以降の日本経済は完全な長期停滞に突入し、現在も20年前とほぼ同水準のGDPに止まっています。

出典:日本の名目GDPの推移(1980~2017年) – 世界経済のネタ帳

この様に実体経済の成長が停滞した市場では、長期スパンで見れば株価の伸びも必ず停滞します。

実際に、以下は1980年から2018年までの日本の平均株価の推移ですが、バブル景気やアベノミクスなどの一時的な乱高下のトレンドはあるものの、長期的に見れば直近20年間の日経平均株価は20,000円前後で停滞しています。

出典:日経平均株価の推移(1980~2018年) – 世界経済のネタ帳

この様に景気拡大と株価上昇が長期的に停滞している市場において、経験の乏しく相場眼の未熟な投資初心者が損失を回避してプラス収支で運用を続けることは非常に困難です。

一方で以下は1980年から2017年までのインドネシアの名目GDPの推移です。1990年代から爆発的な経済成長を続け、現在は20年前の役10倍のGDPとなっています。

出典:インドネシアの名目GDPの推移(1980~2017年) – 世界経済のネタ帳

この実経済での爆発的な経済成長に比例する形で、インドネシアの全銘柄の平均株価指数(インドネシア・ジャカルタ総合指数)も20年前の10倍以上の水準に増大しています。1年あたりで換算すると平均株価の推移は前年比約112%の上昇ペースです。

出典:インドネシア・ジャカルタ総合指数の推移の推移(1998~2018年) – 世界経済のネタ帳

つまり、全体の相場が右肩上がりで上昇を続けるインドネシア株であれば、仮に投資初心者が適当に投資を行ったとしても、年利12%の利回りが得られる可能性が高いということです。

この様に経済発展中の新興国への投資では、ギャンブル的な投機を行わなくとも年利10%の利回りを得ることは容易であり、リスクを抑制した堅実でローリスクな運用でありながら十分な高利回りを得られます。

世界各国の地域を投資対象とすることでさらにリスクを分散可能

また、「クラウドクレジット」では月額1万円の小口の金額から南米・東欧・アフリカなど世界各国の融資事業に投資可能であり、投資先を分散させることで特定の国や地域で発生し得る不況や金融破綻などの経済リスクを軽減出来ます。

そのため、米国株式インデックスなど特定の国や株式市場を対象に分散投資を行う投資信託と比較して、さらに低リスクで堅実な資産運用が可能です。

クラウドクレジットは初めて投資や資産運用を始める方に最適

この様に、クラウドクレジットは「絶対に失敗したくない」「絶対に損をしたくない」という堅実派の方にオススメの金融商品となっており、特に「リスクなく初めての資産運用を始めてみたい」という投資初心者の方に最適なサービスです。

「月1万円」の少額から運用可能であり、まとまった運用資金が必要で借入・融資による資金調達を求められるハイリスクの不動産投資などとは異なり、リスク無くお手軽に国際分散投資を行い年利10%の高利回りを得ることが出来ます。

「資産運用をしてみたいけどリスクがあるのが不安」「投資に興味があるけどまとまった運用資金がない」とお悩みの方は、是非お気軽に、初心者に最適な低リスクの高利回り投資であるクラウドクレジットをご活用ください。

低リスクの国際分散投資を行う

企業の口コミ情報サイト

ページのトップに戻る